風邪予防になる卵の栄養

卵(たまご)の話 by

◆卵で風邪予防

こんばんわ

昨日の夕方くらいから寒気がして、風邪をひいてしまった大熊カツです。

しっかし、昨日は辛かった。会議があって出てましたが、寒気はするし懇親会での酒は効くし、大して飲んでもいないのに酔っぱらう。
風邪ひいてる時のお酒は、進まないし全然飲めない。変に酔っぱらう。

今日の仕事も、身体はしんどかったけど、しっかりこなして早上がりしました。今日明日とゆっくり休んで治したいと思います。

 

さて、
ボクは昨日熱っぽかったですが、風邪をひいて熱が出るのは、ウイルスと戦ってるんです。
だから、身体を温める必要があります。温かいお湯を飲むとか、温かい消化の良いモノを食べるとかです。

を食べる場合でも、生卵より温泉卵の方が消化がいいそうです。
お粥に卵を溶いて入れたり、梅干しを入れて食べるのもいいかもしれないですね!

卵の白身には、塩化リゾチームという物質が含まれています。抗炎症作用があり、風邪薬に塩化リゾチームが使われているそうですよ。
菌やウィルスを殺すだけでなく免疫力を高める作用があります。

風邪のひきはじめは、卵酒がいいかもしれませんね。

卵は完全栄養食品

卵は完全栄養食品


The following two tabs change content below.
大熊 勝幸
北海道比布町で『かっぱの健卵』を生産販売している大熊養鶏場の代表です。自然豊かな比布(ぴっぷ)のいいところ、色々なコトを伝えたいです。卵かけご飯が美味しく、贈答用や景品等にも喜ばれており、笑顔で楽しい食卓を囲っていただけるよう新鮮で安心・安全な卵をお届けします。 『かっぱの健卵』通販・ホームページはこちら
Category: 卵(たまご)の話

最後まで見ていただき本当にありがとうございます!皆様の一日一日が素敵で幸せな日々でありますように♪