ニワトリも過ごしやすくなってきたかな!

大熊養鶏場の話 by

◆北海道は朝晩涼しくなってきました

こんにちわ

7月も下旬。暑い日が続いてますが、カラッとした暑さで過ごしやすいです。
中旬ごろの暑さは、人も動物も参ってしまうほどの蒸し暑さ。ここにきて、朝晩が涼しくなって良く寝れるのはいいことです。

祭りごともまだまだ各地でありますから、体調管理をしっかりしてこの夏を満喫しましょう!

 

さて、
ここ最近のニワトリは、朝晩涼しくなったし、蒸し暑さもなく過ごしやすくなってます。人もそうですが、夏バテしちゃうと食べたくないとか、水ばっかり飲んでたりと、ニワトリも同じです。動物もそう。

それでも、しっかり食べさせて、卵を産ませなきゃいけないですから、日々の環境チェックは必要です。

ニワトリの体温は高く、40度くらいあります。
この体温に、気温が30度を越えてたらもう厳しいですよね!熱中症になっちゃいます。
ニワトリも上手く体温調整して体調を整えています。

北海道の短い夏ですから、もうちょっとの辛抱で、過ごしやすい最適な環境になります。

でも、しっかり食べて乗り切りましょう!

楽しいコトもまだまだ沢山です。

ではまた。

暑さに耐えるニワトリ

暑さに耐えるニワトリ

カメラ目線のニワトリ

カメラ目線のニワトリ


The following two tabs change content below.
大熊 勝幸
北海道比布町で『かっぱの健卵』を生産販売している大熊養鶏場の代表です。自然豊かな比布(ぴっぷ)のいいところ、色々なコトを伝えたいです。卵かけご飯が美味しく、贈答用や景品等にも喜ばれており、笑顔で楽しい食卓を囲っていただけるよう新鮮で安心・安全な卵をお届けします。 『かっぱの健卵』通販・ホームページはこちら
Category: 大熊養鶏場の話

最後まで見ていただき本当にありがとうございます!皆様の一日一日が素敵で幸せな日々でありますように♪