大寒の卵で一年の健康に!


◆縁起物の卵◆

こんばんわ

正月三が日が過ぎ、昨日から仕事始めのところも多々あったんじゃないかと思います。

九州では雪が降って、雪国のような感じで降り積もってますね!

ニュースでは、今日1月5日は「寒の入り」小寒にあたるそうです。

大寒までが、期間だそうです。

それでは、大寒とは?
大寒とは、一年で最も寒い時期。

今年は、1月20日です。

大寒は、1月20日から次の節気である「立春」までの期間を言うそうです。

大寒の卵は、大寒の期間ではなく大寒の日に産まれたということになり、今年は1月20日に産まれた卵になります。

現在は品種改良によってニワトリは一年中卵を産んでいますが、昔は寒い季節は卵を産まなかったそうです。

それは1年で最も寒いこの時期(大寒の日)、寒さのため、鶏の水を飲む量が減少する反面、飼料を多く摂ろうとします。

そのため、鶏の飼料の栄養分が普段よりも十分に卵に現れ、一年の中でも「最も濃厚でおいしい卵の味」になるからです。寒い季節に産まれる卵は大変貴重なもので、寒さに負けることなく産み落とされた卵には滋養があり、強運を持っていると信じられ、縁起物のです。

一年が健康で過ごせるように、寒さに負けず元気に楽しい日にしたいですね。

連休に入ります。成人の日もあります。

より良い成人式になってほしいと思います。

ではまた。

卵は完全栄養食品

卵は完全栄養食品


The following two tabs change content below.
大熊 勝幸
北海道比布町で『かっぱの健卵』を生産販売している大熊養鶏場の代表です。自然豊かな比布(ぴっぷ)のいいところ、色々なコトを伝えたいです。卵かけご飯が美味しく、贈答用や景品等にも喜ばれており、笑顔で楽しい食卓を囲っていただけるよう新鮮で安心・安全な卵をお届けします。 『かっぱの健卵』通販・ホームページはこちら
Category: ブログ, 卵(たまご)の話

最後まで見ていただき本当にありがとうございます!皆様の一日一日が素敵で幸せな日々でありますように♪