初産卵って何だろう

卵(たまご)の話 by

◆初産卵とは◆

こんばんわ

だんだんと気温が上がってきて、春の足音が聞こえてきそうな今日この頃です。

春に一歩ずつ近づいてるのを実感しているところです。

ただ、雪融けによる事故には気を付けなければいけません。

さて、
ニワトリが卵を産み始める、『初産卵』は知ってますか?

初めて産み始めてから、3週間くらいまでの卵のことを言うんですが、安産や長寿にご利益がある縁起物です。

卵の大きさは小さいんですが、栄養はもちろん、プリップリッで黄身の盛り上がりや弾力ある白身が凄いです。

殻も硬く味も濃厚です。

小さいながらも、卵の栄養がしっかりしているため、必須アミノ酸やレシチンなどが含まれているので元気もりもり。

若鶏

若鶏

◆初産卵はどこへ◆

では、かっぱの健卵の初卵はどこへ行ってるのでしょう?

ウチは、小さい卵なので、自動販売機で販売しているのが主です。

小さいからちょっと。と、言う人もいます。卵焼き等、お菓子作りには、大きい卵がいいんだよ!と言う人もいます。

この小ささが、卵かけごはんに丁度いいという人が多いですね!

大きい卵は余してしまうから、小さい卵はホントにぴったりな大きさだよ!と、笑顔を浮かべているお年寄りの顔が思い出されます。

喜んでくれてよかったと。

大きくても小さくても美味しく召し上がっていただければ嬉しいです。

ネット入りかっぱの健卵

ネット入りかっぱの健卵

◆おわりに◆

やっぱり、卵は美味しいです。

栄養もあり、コレステロールも気にせず食べれるし、なんたってTKG(卵かけごはん)が美味い。

みなさんも、美味しい卵ライフを!
そして、笑顔あふれる楽しい美味しい食卓を囲ってください。

ではまた。

 


The following two tabs change content below.
大熊 勝幸
北海道比布町で『かっぱの健卵』を生産販売している大熊養鶏場の代表です。自然豊かな比布(ぴっぷ)のいいところ、色々なコトを伝えたいです。卵かけご飯が美味しく、贈答用や景品等にも喜ばれており、笑顔で楽しい食卓を囲っていただけるよう新鮮で安心・安全な卵をお届けします。 『かっぱの健卵』通販・ホームページはこちら
Category: 卵(たまご)の話

最後まで見ていただき本当にありがとうございます!皆様の一日一日が素敵で幸せな日々でありますように♪