自動販売機?卵をこんな風に買うなんて!1度は試したくなること必至、驚きの卵購入方法


みなさん、毎日食べる卵はどこで購入されていますか?

おそらく多くの方はスーパーで10個入りのパックを購入されているのではないでしょうか。
中には通販や共同購入を利用されている方もいらっしゃるかもしまれません。

それが当たり前です、普通なことです。間違いないです。
でも、みなさんの常識を覆すかっぱの健卵。販売方法も驚きです。

そこでご紹介、
大熊養鶏場のかっぱの健卵を手に入れる方法は、この4つ!

1.かっぱの健卵取扱店で購入→ご参照下さい

2.インターネット通販で購入→専用箱でご自宅にお届けいたします。

3.お電話かFAXにてご注文で購入→旭川市内は直接お届けいたします。TEL0166-85-3827  FAX0166-85-2110

そして、4つめが…………

なんと!!!

4.卵の自動販売機で購入!!!!!

自動販売機???

たまごを???自動販売機で???

ガシャンと上から落ちて卵が台無しになるのでは??
と、頭の中にはてなマークがたくさんですよね?

ご安心ください。
大熊養鶏場が誇る卵の自動販売機、実は昔から近所の皆様にご愛用頂いてます!

 

設置場所は二か所ございます。

一か所目は、

国道40号線沿いにある「ばらえてぃきっちん紙風船」の敷地内、に

直売所がございます。

 

ふつうのお店かなぁと思い中に入ると、、、

無人です。
ロッカーのようなものが並んでいます。

???

そう!!!これが!!!卵の自動販売機です!!!!!

30個800円

15個400円

 15個入りはネットに入った卵です。
 社長がネット入り卵についてこんな記事を書いてますので、ご覧ください。

 

ロッカーではなく自動販売機でした。

ほんの5分程の滞在でしたが、3組のお客様がいらっしゃり、入れ代わり立ち代わりで購入されていました。奥様方は手慣れた様子でたくさんの卵を買っていかれました。毎月45個ほどまとめ買いをされるそうで、「ここの卵以外もう食べられないの」とおっしゃっていました。

 

 

二か所目は、大熊養鶏場の前の道路わきに設置されています。

ここ↓

国道沿いの自動販売機よりもレトロ感があって、なんだか趣きがいい感じ♪

 

実はこんな場所↓この先に大熊養鶏場があります。

 

偶然、卵の入れ替えに来た大熊社長に遭遇!社長自ら1日3回ほど、卵の補充と入れ替えに行かれるそうです!
そうしないと、すぐに品切れになってしまうそうで。
定期的に入れ替えもおこなっているということで新鮮卵、間違いありません。

 

運が良ければピンクのかっぱの書かれたかっぱの健卵号に出会えるかも♪

 

 

と、卵の自動販売機のこと、わかっていただけましたでしょうか?
気になりますよね?そんなに売れている卵も気になりますよね?
比布にお越しの際にはぜひお立ち寄りください!!

…比布町まではさすがに行けないなぁという方、大熊養鶏場では卵のインターネット販売も行っております。一度購入いただいたお客様からは大変ご好評をいただいており、卵の定期購入のお客様も増えております!

皆様も、ぜひ一度、かっぱの健卵をお試しください♪

 


かっぱの健卵、定期購入はこちらから

 

 

 

 

 

追伸

かっぱの健卵を作っているのはこの人!
大熊養鶏場社長、大熊勝幸さんです♪お客様思いのやさしい社長さんです。


Category: 卵(たまご)通販

最後まで見ていただき本当にありがとうございます!皆様の一日一日が素敵で幸せな日々でありますように♪