天才は卵が好き!!理由は卵が脳を活性化するからか?!


卵が完全栄養食であると何度かお伝えしてきました。

人に必要な栄養素(ビタミンCを除く)ため、ダイエットフードとしても利用する芸能人も多いほどです。

また、筋トレに卵を組み合わせると最強!!とも。

英語ではGenius Food(天才フード)のひとつとしてあげられる卵。

今回は歴史上の天才たちで卵好きだった人を集めてみました!

モーツアルトは目玉焼き

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:オーストリアの音楽家(1756年1月27日 – 1791年12月5日)。

 

一度に4個の卵を使った目玉焼きを好む。記録には一度に6個をオーダーしたこともあると記されてる

 

ナポレオンも目玉焼き

ナポレオン・ボナパルト :フランスの軍人・皇帝・革命家、ナポレオン1世(1769年8月15日 – 1821年5月5日)。

 ナポレオンが最初の退位後に追放された地、エルバ島からの脱出の時1日3個の目玉焼きを食べていたといわれる。

 

鉄の宰相ビスマルクは目玉焼き&半熟卵

オットー・フォン・ビスマルク:プロイセン及びドイツの政治家、貴族。プロイセン王国首相、北ドイツ連邦首相、ドイツ帝国首相(1815年4月1日 –  ‎1898年7月30日)。

 

とにかく料理に目玉焼きや半熟たまごを乗せるのが好き。

なんにでも乗せるのでその料理は「ビスマルク風」といわれるようになる。

 

ビスマルク風ハンバーグステーキ、ビスマルク風アスパラソテーなど。

 

硬派トルストイは固ゆで

レフ・トルストイ:19世紀ロシア文学を代表する文豪( 1828年9月9日〔ユリウス暦8月28日〕 – 1910年11月20日〔ユリウス暦11月7日〕)。

 

固ゆでたまご2個。

世界的指揮者の朝は卵3個から

リヒャルト・シュトラウス:指揮者(1864年6月11日 – 1949年9月8日)。ドイツの後期ロマン派を代表する作曲家のひとり。

 

1日の始まりの朝食に3個の卵。

 

ノーベル賞作家ベケットはスクランブル

サミュエル・ベケット:アイルランド出身のフランスの劇作家、小説家、詩人(1906年4月13日 – 1989年12月22日)。1969年にはノーベル文学賞受賞。

スクランブルエッグを好んだといわれいる。

最後は日本から。

 

新選組近藤隊長はふわふわがお好き

近藤勇:新選組隊長(1834年11月9日 – 1868年5月17日)。

「たまごふわふわ」が好き。

 

たまごふわふわ:静岡県袋井市の名物料理。

材料(1人前):

だし汁(こんぶ、シイタケ、かつおぶし):200cc
卵:1個
塩:小さじ4分の1
薄口しょう油:大さじ4分の1
こしょう:少々
みりん:少々

作り方:

1.だし汁に、塩・薄口しょう油・こしょうを加えてすまし汁を作り、180cc(A)と20cc(B)に分ける
2.鍋に(A)のすまし汁を入れ、ふたをした状態で火にかける
3.ボールに卵と(B)のすまし汁・みりんを少々入れ、ハンドミキサー(ない場合は、泡立て器でも可)でクリーム状になるまでよく混ぜる(最低4~5分)
4.1が煮立ったら火を止め、なべの縁から2を一気に流し込み、ふたをして蒸らす。(この時、ふたが冷めないよう、あらかじめ暖めておくと上手に蒸らすことができます)
レシピ出典:http://www.city.fukuroi.shizuoka.jp/ 袋井宿「たまごふわふわ」

いかがでしょうか。

 

記憶力を高めるといわれている「卵」。世の偉人達がそれを感じて毎日食していたのかもしれませんね!

 

大熊養鶏場の卵は、比布町の無人販売機、その他のお店でも購入できます。

大熊養鶏場の卵取り扱い店はこちら

でも比布町やお店まで行く時間がないよー!!という方はやはり通販がおすすめ。

配送先が北海道より遠方になるほどお得に購入できるメルカリでも販売開始しました!

近くの方は「かっぱの健卵」通販サイトからどうぞ!


Category: 卵(たまご)の話, 卵(たまご)料理

最後まで見ていただき本当にありがとうございます!皆様の一日一日が素敵で幸せな日々でありますように♪