鮮度を保って美味しく食べるためにしっかりとした保存を。

卵(たまご)の話 by

◆卵の保存

こんばんわ

連日暑い北海道比布町です。
真夏日が続いていて、熱中症になりそうなほど暑いし汗だくになっちゃいます。

明日金曜日が、もっと暑くなる予報なので十分注意が必要です。

 

さて、
こう暑いと、食中毒など色々気を付けないといけないです。身体もバテ気味ですし、しっかり食べてバテない身体にしたいですよね!

食材の管理や調理といったことをしっかりしないといけない季節です。

そこで、に関しての保存です。
みなさん、卵を買ってきて何処に保存してますか?常温保存も出来ますが、夏の季節は、冷蔵庫に保存するのが良いです。

冷蔵庫に入れるとき、ドアポケットに保存してませんか?
ドアポケットだと鮮度にも影響しますし、卵自体にもヒビなど傷めてしまいます。

冷蔵庫に入れるときは、パックごと奥に入れるのがいいんです。
卵が傷みやすくならないんです。ドアの開閉による温度差が鮮度に影響します。

卵の向きもあります。
卵の尖ったほうを下にして保存してください。

しっかりとした保存で、鮮度のいいのを食べていけるので大事なことですね。

あと、卵は賞味期限が過ぎても加熱調理して食べてくださいね!
良く、期限切れは食べれないと思っているお客さんがいます。そんなことはありません!加熱調理して美味しいくいただいてくださいね!

じゃ、明日も暑いから熱中症に気を付けて頑張ろう!

ではまた。

かっぱの健卵10個入り

かっぱの健卵10個入り


The following two tabs change content below.
大熊 勝幸
北海道比布町で『かっぱの健卵』を生産販売している大熊養鶏場の代表です。自然豊かな比布(ぴっぷ)のいいところ、色々なコトを伝えたいです。卵かけご飯が美味しく、贈答用や景品等にも喜ばれており、笑顔で楽しい食卓を囲っていただけるよう新鮮で安心・安全な卵をお届けします。 『かっぱの健卵』通販・ホームページはこちら
Category: 卵(たまご)の話

最後まで見ていただき本当にありがとうございます!皆様の一日一日が素敵で幸せな日々でありますように♪